スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

初バスツアー

 2011-06-24

5月28、29日に豊橋発『よくばり黒部立山アルペンルート』とやらに夫婦で参加しました。
朝6時に家を出て、集合場所で手続きをして、決められたバスの席に座る。
ちなみに、座席は申し込み順だそうで、最後に申し込んだ私達は後ろから2番目でした。
どんな人が居るのかちょっと観察私らの後ろに、5人組の賑やかおばさま方(多分70歳前)お隣に年配夫婦、前にぽっちゃり3姉妹と幼児1人、ほとんど団塊世代夫婦多数、強烈だったのが、会社仲間のおっさん6人組(常にお酒を飲んでた)41人に、森久美子のようなバスガイドさんに笑顔の優しいスラッとした添乗員さんとドライバーで計43人の旅です。
ほとんど団塊世代で、私達は、若手です(笑)
集合と同時に、飲みだすおっさん達の荷物は、ほとんどビールと焼酎とつまみそして、バスガイドさんは、ずっと喋り続ける
天候は、台風2号の接近のため大荒れの予報誰や雨男は…ってダンナをチラ見何回かトイレ休憩してお昼ご飯、早起きしたんで当然お昼が楽しみ
車内でお茶とお弁当が配られて、お腹ペコペコやったから完食
さて、ようやく今日の目的地の宇奈月温泉に到着。
ここからトロッコ列車で鐘釣温泉まで行きます
幸い雨は降ってないが、窓のないトロッコ列車は追加料金350円を出せば普通車両に変えてくれます。行きは全員トロッコ列車で出発
黒部川を眺め雪が残る山肌を緑が美しい変わらない景色の中、40分揺られてると知らぬまにウトウトダンナはめちゃ嬉しそう時々すれ違う列車の若いお姉ちゃんに、酒飲み組がアピールして笑いを誘ってた。
釣り鐘温泉に到着する頃に、雨が降り出した。30分ほどの自由時間に皆さん万年雪の所で写真撮影そのうち雨足が強くなった。
私達は、かっばを着てたので少し奥の方まで散策足湯以外に別に変わったことなく大雨の中待合室に引き返した。帰りは、またトロッコ列車に乗って戻るんだけど半数の人が普通車両に変更してました。トロッコに乗って戻る時は、雨が上がりラッキーだったもちろん帰りも居眠り
あとは、バスで旅館に行くだけです。
3時頃旅館に着き、決められた部屋に各自6時半の夕食まで自由。
私達は大浴場のある1階でお隣に酒飲み組です。(5階がフロント)部屋は、広くて綺麗だけどめちゃ湿気が多いく、廊下は沢山除湿機が並んでいた。
中庭に出る障子と窓を開けると、早速浴衣に着替えた酒飲み組がウロウロしていて、1人が大浴場との仕切りの塀辺りを何とかして覗こうとしてるしかし、足元は高い絶壁、落ちたら命ないで諦めて部屋に戻っていったわ。
夕食まで何してよかな?お風呂へ行くには、まだ早いし、お昼寝する事にした。夕食は3階の宴会場に、部屋番号があるテーブルに座ると、仲居さんが手際よく料理を運んでくれ火を付けてくれたりと料理の説明もしてくれました。酒飲み組は、ビールをドンドン注文してましたわ女湯を覗こうとしてたおっさんが、浴衣の前を広げて仲居さんに必死なアピールも酔っ払い相手も慣れたもので、食事時に汚い物を見せるもんじゃないと一喝されてました添乗員さんから明日の集合時間とスケジュールを聞いて部屋に戻る。
明日は6時に朝食7時出発ですわ。
お風呂に入って寝るだけやなぁ、とりあえずお風呂にいくと、3人ほどいたがいつの間にか貸切私は、熱めのお湯が大好きで、たいてい温泉にいくとヌルく思うけとま、ここのお湯は熱めで満足
湯に浸かりながら、露天の方をみると、おっさんが覗こうとしてた塀を確認。川を挟んだ道路から丸見えやん
お風呂から上がってサッパリ。いつまでも体がポカポカでした。
日替わりで男女が入れ替わるらしいので、早起きして朝風呂やな。
9時半頃やけど、なんもする事ないし早々と寝ました。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cocoronwell.blog50.fc2.com/tb.php/332-28035051
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。